再入荷しました!ねむらせ豆腐のご紹介

いったん完売となりましたねむらせ豆腐が、再入荷いたしました。
ぜひこの機会にお求めください。

まるで日本版のチーズ? ねむらせ豆腐とは?

弊社の開業当初よりずっとお世話になっている、宮崎県東臼杵郡椎葉村。
人口およそ3100人。537.35㎡という広大な面積の約96%が森林。
日本三大秘境の1つであり、焼き畑農業で世界農業遺産にも認定されている椎葉村は歴史深い秘境の地。

私達も何度か椎葉村へお邪魔させていただきましたが、まるで昔話に出てくるような情景に皆、感動しました。

画像1
画像4

秘境の地だけあり、外界から閉ざされた場所のため、漬物や乾物などの保存食の製造が古来より盛んに行われてきました。
漬物は村内の集落によって微妙に作り方や味が異なるそうです。

そんな椎葉村で、生み出された伝統的な発酵保存食 ねむらせ豆腐

以下の工程を経て、一つ一つ手仕込みでじっくり時間をかけて製造されています。

① 田舎豆腐をそのまま昆布で巻き優しくさらしで包む
② たくさんの麦味噌を入れた樽に漬け込み
③ 半年後にまた新しい麦味噌に漬け込み
④ 一年間の自然発酵を経て完成

画像2
画像3

ねっとりとした食感に味噌の香ばしい香り、昆布の旨味も感じられ、まるでチーズのような味わいを楽しめます。

アトツギされた「ねむらせ豆腐」

ねむらせ豆腐は、元々、椎葉村の地場企業の女性達が製造していましたが、建物の老朽化と従業員の高齢化のため事業を続けることが難しくなり、廃業により生産が中止される予定でした。

しかし、その時、椎葉村でチョウザメの養殖を行い、国産キャビアの製造をされていた鈴木宏明さんが偶然通りがかり、椎葉の伝統食材が廃れるのを憂いて「僕に継がせていただけませんか?」と当時の創業者へ直談判したことで、製造が引き継がれることに!

画像5

チョウザメの養殖と、ねむらせ豆腐を製造されている鈴木宏明さん

鈴木さんはずっと椎葉村にいた訳ではなく、高校卒業後、上京して就職。
一度、村を離れました。
その後、海外へ留学したいと思い、椎葉村へ帰省。

「もともとは田舎が好きという事も無く、不便さが嫌だった」そうです。

しかし、実家の手伝いをしながら過ごす日々の中で生き物に愛着が湧いてきて、だんだん椎葉の事が好きになったとのこと。
そして一次産業にも興味を持つようになったそうです。

離れてみて初めて椎葉村の良さに気づけたのかも知れませんね。

その後、海外留学から戻り、椎葉村に留まることを決め「平家キャビア」を手掛けた鈴木さん。
ある日、宮崎市内で若い女性が「ねむらせ豆腐」を大量買いしているのを目にすることに。

「ねむらせ豆腐って、おじいちゃんおばあちゃんのイメージだったけど、おしゃれな商品だったんだ!地元にも良い商品がたくさんあるんだ。もっとよく見てみよう。」
と思ったタイミングで、なんとねむらせ豆腐が廃業により製造が途切れてしまう寸前だということを知ることに。

そこで「ねむらせ豆腐を廃れさせたくない。継ぎたい!」と決意したそうです。

その後、製造設備を一新。
昔から愛され続けてきた椎葉村のスローフード ねむらせ豆腐は鈴木さんによって守られています。

ねむらせ豆腐はおうち割烹todokuにて販売中!

一つ一つ手作りで時間をかけて作ってらっしゃいますので、限定生産です。サイト上で売切れになる事がありますので、ご了承ください。